06 << 2017/07 >> 08
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
プロフィール

sio

Author:sio
自分の暮らす街が世界で一番素敵と思える場所になったら、こんな便利なことはないだろうな。海外旅行に行くお金もない貧乏学生時代、よくそんなことを思った。

いま、曲がりなりにも”大人”と呼ばれる年齢になり、これまで見聞きしてきたものを通してこう思う。「社会」とは、ただそこにそびえ立っているのではなく、手を伸ばせば確かに届く位置にあるものではないかと。ちょっと触れたり、手を加えることで、格段と良くなる可能性を秘めたものではないかと。

圧倒的シェアを持つ県紙が一つ・民放は2社。そんな情報過疎とも呼ばれる宮崎で、第二の県紙、を掲げるのは少しおこがましいが、ここ宮崎に暮らす人に少しでも新しい発見をしてもらえるような、「自分が生きていくと決めたここ宮崎も、そんなに悪くないな」と誰かに思ってもらえるような、そんな情報を発信していければと思っている。

宮崎に縦横無尽に広がっている、たくさんの道を、ひとつひとつ、寄り道しながら。

カテゴリー

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【今週のこの人】ひむか砂浜ネットワーク代表 林 裕美子さん 
2007/08/31 Fri 01:11
070831_1715~02hayashi.jpg


 かわいらしい人だ。トレードマークの長い髪を後ろに束ねて「うふふ」と笑う。いつも何か楽しいことをたくらんでいそう。林さんの笑顔を見るたび、こちらもついつい、笑顔になる。

 先日「ひむかの砂浜ネットワーク」代表として、国交省に、現在進められている一ツ瀬川から一ツ葉海岸間の侵食対策事業の工法見直しと住民も交えた円卓会議の開催を求める要望書をメンバーとともに提出した。

 もともとは兵庫県西宮出身。大学で長野に行き、生物学を学んだ。子供のときから動物が好きだった。そのまま長野でツキノワグマの保護活動に携わり、6年前、家族の転勤で宮崎に来た。引っ越し先の住居を探しに初めて宮崎を訪れたとき泊まったのが青島パームビーチホテルで、そのときたまたま目にしたのがウミガメ保護区の看板だった。「アカウミガメって日本にいるんだ」。胸のときめきは日を経ても消えず、1年後、アカウミガメの保護活動をしている野生動物研究会に調査員として参加。現在も週に1回、調査活動のため砂浜を歩く。

 実は、こういった会の代表になるのは今回が初めて。動物が好きで調査には加わっていたが、当時は特に社会問題や環境問題に強く興味があるわけではなかった。転機となったのは、一昨年の赤江浜の工事。林が担当していた調査区域がちょうど赤江浜だった。まさか実行されないだろうと思っていたら、気づいた時にはすでに工事は決定していた。自分が歩いた海岸が変わっていく様子を間近に見た。もやもや感がつのった。誰か同じような思いを持つ人たちとつながりあいたい。「宮崎の海岸」という季刊誌の発行を始めた。

 「宮崎の海岸」は、現在までに6号出した。季刊誌の発行を始めてから、いろいろな人に出会った。昨年には、九州森林管理局と県、町、NPO団体が手を取り合った画期的な、100年がかりの「綾の照葉樹林復元プロジェクト」にも参加した。そしていま、ようやく海を通した人と人とのつながりの場を設ける、手前まで来ている。

 林は言う。「以前は、自分が声をあげれば何かが変わるなんて、思っても見なかった。誰か、しかるべき人が言ってくれるだろうと思っていた」。そして、そのしかるべき人が声をあげなかった瞬間も味わった。あのときの苦い経験が、今回の会の結成に向けた行動力につながっている。
 
 要望書には「構造物反対」ではなく、「市民と行政が協議するテーブルの設置」を盛り込んだ。できることなら、対立ではなく、一緒に手を取り合っていければと思っている。描くモデル図にはもちろん綾がある。まだこれからどうなるかわからないが、アカウミガメのため、自分のため、いまできることを一つ一つこなす。

 本業は「天職」とうれしそうに笑う翻訳業。日本翻訳連盟にも名を連ね、論文や専門書などの翻訳に従事。学識者の知人も多い。宮崎市内に夫と高校生の息子と犬1匹と猫2匹の5人暮らし。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。