08 << 2017/09 >> 10
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
プロフィール

sio

Author:sio
自分の暮らす街が世界で一番素敵と思える場所になったら、こんな便利なことはないだろうな。海外旅行に行くお金もない貧乏学生時代、よくそんなことを思った。

いま、曲がりなりにも”大人”と呼ばれる年齢になり、これまで見聞きしてきたものを通してこう思う。「社会」とは、ただそこにそびえ立っているのではなく、手を伸ばせば確かに届く位置にあるものではないかと。ちょっと触れたり、手を加えることで、格段と良くなる可能性を秘めたものではないかと。

圧倒的シェアを持つ県紙が一つ・民放は2社。そんな情報過疎とも呼ばれる宮崎で、第二の県紙、を掲げるのは少しおこがましいが、ここ宮崎に暮らす人に少しでも新しい発見をしてもらえるような、「自分が生きていくと決めたここ宮崎も、そんなに悪くないな」と誰かに思ってもらえるような、そんな情報を発信していければと思っている。

宮崎に縦横無尽に広がっている、たくさんの道を、ひとつひとつ、寄り道しながら。

カテゴリー

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



住吉海岸侵食問題 第3回住民懇談会 来月5日開催 
2008/01/30 Wed 01:21
 今月8日に行われた、住吉・佐土原一帯の海岸侵食問題の対策事業を検討した「第2回宮崎海岸侵食対策検討委員会」を受けての住民懇談会が、来月5日、佐土原総合支所で行われる。
 住民懇談会は今回で3回目。市内3カ所で開き、海岸に対する幅広い意見を求めた第1回懇談会が昨年6月。第1回検討委員会の報告や、並行して話があがっている宮崎港の南防波堤延長計画や一ッ葉人工ビーチ北の防砂堤計画に対し、県担当者に状況説明を求める場面もあった第2回懇談会が10月。今回は、昨年末の国直轄事業化決定や、8日の委員会で明言された養浜を先行して行う案に対し、住民に意見を求めるとしている。
 養浜工に関しては、T字型突堤を作るヘッドランド工法に先行して行うことが前回委員会で了承されたが、具体的な時期や投入場所、砂の確保などの具体的な話はまだまとまっていない。また、養浜工の結果を見てヘッドランド計画案の修正などを行う可能性が、前回委員資料で示唆されているが、何をもって修正になるのかなど、具体的な話はまだでていない。
 懇談会は2月5日、第一回懇談会が行われた佐土原総合支所南庁舎2階研修室にて、19時から開かれる。詳しくは宮崎河川国道事務所HPhttp://www.qsr.mlit.go.jp/miyazaki/html/kasen/sskondan/index.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
第二回検討委員会の議事録は?
「みちみち」様、いつもいつも素早い情報発信有難うございます。

>8日の委員会で明言された養浜を先行して行う案に対し

8日の委員会とは、第二回検討委員会のことと思います。
委員会議事録は、3週間以上も経つのにHP上に公開されていません。この明文化した議事録を見ないと、正確なことは判りません。傍聴者、県、委員長、委員、報道陣それぞれ自分達に都合の良いように解釈しますので…。

なお、委員会議事録は概ね二週間で公開と、第一回委員会で決定されております。↓
http://www.qsr.mlit.go.jp/miyazaki/html/kasen/sskondan/shinsyoku/pdf/01/09_minutes.pdf
【2008/01/30 20:33】 URL | 読者 #- [ 編集]

不可思議な第2回対策検討委員会
不可思議な第2回対策検討委員会

1/30(水)に本コメント欄に「第2回委員会の議事録を早めに公開せよ」と書き込んだら、翌31日には即日アップ。
http://www.qsr.mlit.go.jp/miyazaki/html/kasen/sskondan/shinsyoku/pdf/02/04.pdf

何も言わないと、動かない硬直化した行政、役人ですね。

検討委員会規約(改正条項を含む)を明らかにして欲しい。
委員会規約改正の審議だけは、市民の傍聴を許さない秘密会で行われたのでしょうか?

委員会の成立条件、任期等について如何なる議論があり、どういう結果になったのか、秘密会にしても議事録の中で明らかにすべきだ思いますが…。

第1回の懇談会資料(懇談会の位置づけ、進め方)では「多様な意見を、委員会に提示」とあります。
http://www.qsr.mlit.go.jp/miyazaki/html/kasen/sskondan/conference/pdf/01/shidai.pdf
第二回委員会では、懇談会資料は一枚だけとは! これで多様な懇談会意見が吸い上げられたのでしょうか? 誠にふざけた話です。
http://www.qsr.mlit.go.jp/miyazaki/html/kasen/sskondan/shinsyoku/pdf/02/03.pdf
【2008/02/02 19:07】 URL | 読者 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://miyamichi.blog51.fc2.com/tb.php/208-ff9e9f28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。