06 << 2017/07 >> 08
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
プロフィール

sio

Author:sio
自分の暮らす街が世界で一番素敵と思える場所になったら、こんな便利なことはないだろうな。海外旅行に行くお金もない貧乏学生時代、よくそんなことを思った。

いま、曲がりなりにも”大人”と呼ばれる年齢になり、これまで見聞きしてきたものを通してこう思う。「社会」とは、ただそこにそびえ立っているのではなく、手を伸ばせば確かに届く位置にあるものではないかと。ちょっと触れたり、手を加えることで、格段と良くなる可能性を秘めたものではないかと。

圧倒的シェアを持つ県紙が一つ・民放は2社。そんな情報過疎とも呼ばれる宮崎で、第二の県紙、を掲げるのは少しおこがましいが、ここ宮崎に暮らす人に少しでも新しい発見をしてもらえるような、「自分が生きていくと決めたここ宮崎も、そんなに悪くないな」と誰かに思ってもらえるような、そんな情報を発信していければと思っている。

宮崎に縦横無尽に広がっている、たくさんの道を、ひとつひとつ、寄り道しながら。

カテゴリー

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



「抜本的な議論に立ち戻るべきでは」 第3回宮崎海岸侵食対策検討委員会 
2008/03/19 Wed 07:37
 18日、宮崎市民プラザで、佐土原・住吉一帯で進む砂浜侵食問題の対策案を話し合う「第3回宮崎海岸侵食対策検討委員会」が開かれた。
 各委員からは、春からスタートする国の直轄事業を、当面養浜で行うことにおおむね了承としながらも、「そもそも養浜をしなければならない抜本的な原因を取り除く必要があるのでは」など原案を見直す意見などが出された。今回の委員会では主に、来年度行う予定の養浜工法に対する場所や方法などの意見を集める目的で開かれていたため、ひとまず養浜をして様子を見たい行政側に対し、委員たちが待ったをかける形となった。

 1990年からごろから顕著化した住吉海岸一帯の砂浜侵食は、現在、もともと100m以上あった砂浜が場所によっては砂浜が消滅するなど、著しいスピードで進んでおり、来年度4月から国の直轄事業として侵食対策事業が行われることが決まっている。直轄事業案として、養浜とヘッドランド(T字型突堤)を組み合わせた案があるが、行政側は養浜を主体で行うことを明言化しており、その手法は、構造物先行の従来の手法と比べて全国でも珍しいという。
 だが、北から南に流れる事業区域一帯の主な潮の流れや、その南に位置する宮崎港やマリーナの浚渫問題と絡めて、以前から「養浜のその後」を危惧する声はあった。今回は委員会開催が3回目ということもあり、集まった委員たちからは、「養浜から構造物投入への移行や意思決定は、いつ、どの段階でなされるのか」「最終的に何を求めていくのか、将来の絵が見えない」「養浜で河川からの土砂の供給量を増やしたとしても、宮崎港にたまる潮の流れは変わらないのだから、その根本要因を見直す必要があるのでは」など、行政の本気度を問いただすような質問が集中した。
 また、今回の海岸対策事業とは別に、県港湾課により行われているマリーナの浚渫土砂の海中養浜実施状況が報告されると、漁業関係者から「事業区域北側はカレイやニベの良い漁場なので、海中養浜をする場合、できるだけ侵食が激しい南側で行ってほしい」との意見が出された。
 
 「養浜主体」を旗印に、養浜を半永久的に繰り返す思い切った手法に出るのか、それともやはり構造物が主体の侵食対策案なのか。はたまた、侵食と堆積を生み出す構造的な現在の海岸の状況改善に着手するのか。再来年度の予算要求の8月を前に、次回の委員会では、この宮崎海岸侵食対策事業の目指す方向性を明らかにしようとする委員と行政側の間で、議論が行われることとなる。次回委員会開催は7月が予定されている。4月からの新年度で、宮崎河川国道事務所内に新たに海岸課が、佐土原支所内には「海岸出張所」が置かれることも発表され、宮崎の海岸事業は、最初の大きな曲がり角にさしかかろうとしている。
20070815000335.jpg

(当初出された対策案。行政側は養浜を行う中で必要に応じてヘッドランドの基数を減らしたいと言及している)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
委員会の不可思議?
> 各委員からは、春からスタートする国の直轄事業を、
> 当面養浜で行うことにおおむね了承としながらも、「そ
> もそも養浜をしなければならない抜本的な原因を取り
> 除く必要があるのでは」など原案を見直す意見などが
> 出された。今回の委員会では主に、来年度行う予定の
> 養浜工法に対する場所や方法などの意見を集める目的
> で開かれていたため、ひとまず養浜をして様子を見た
> い行政側に対し、委員たちが待ったをかける形となった。

傍聴がOKになったおかげですね。衆人注視の中では変な事は言えません。
どういう委員が、まったを掛けているのですか?
佐藤委員長、村上委員、福濱委員は技術検討委員会(H16~H19.3 県主催)で「養浜+ヘッドランド」工法は有効と知事に答申していますよ。
この三名は、対策委員会(国交省主催)のメンバーでもある。

直ぐ技術論ではなく、もっとそもそも論から検討すべき。
そのためには、当初は海岸工学の学識は委員に入れず、文系の学識を委員にすべき、と考えます。

>1990年からごろから顕著化した住吉海岸一帯の砂浜侵食は、
> 現在、もともと100m以上あった砂浜が場所によっては砂
> 浜が消滅するなど、著しいスピードで進んでおり、

消滅によって、現時点で如何なる市民、住民の生命、財産が危機にさらされているのですか? ただ、有料道路が危険になっているだけでは?
↑は、そもそも論を議論する時、重要です。
(家屋が大波に降りかかるようなポンチ絵は、国交省の危機の煽り過ぎ)

> 来年度4月から国の直轄事業として侵食対策事業が行われる
> ことが決まっている。直轄事業案として、養浜とヘッドランド
>(T字型突堤)を組み合わせた案があるが、行政側は養浜を主体で
> 行うことを明言化しており、

佐藤委員長、村上委員、福濱委員は技術検討委員会(H16~H19.3 県主催)で「養浜+ヘッドランド」工法は有効と知事に答申していますよ。

>今回は委員会開催が3回目ということもあり、集まった委員
>たちからは、「養浜から構造物投入への移行や意思決定は、い
>つ、どの段階でなされるのか」「最終的に何を求めていくのか、
>将来の絵が見えない」「養浜で河川からの土砂の供給量を増やし
>たとしても、宮崎港にたまる潮の流れは変わらないのだから、
>その根本要因を見直す必要があるのでは」など、行政の本気度
>を問いただすような質問が集中した。

どいう委員が↑のような事を発言しているのですか?
国交省作成の議事録に発言者委員名を記入するよう、従前から要求していますが、「柳に風」です。「みちみち新聞」では明かにして欲しいです(笑い)

それに、委員会規約を明かにしていませんよね。規約には目的等が明記されているはずですが…。肝心な点を明かにしていません。

以上、思いつくままに。
【2008/03/20 10:13】 URL | 読者 #- [ 編集]

第3回検討委員会議事録について
第3回検討委員会議事録の公開はいつ?

第一回検討委員会議事録では
> 委員会議事録は、発言要旨を整理のうえ、概ね2週間以内
> にホームページを通して公開する

第2回検討委員会議事録では
> 議事録は委員への確認等に時間を要することもあるとして
>も早めに公開すること

第4回懇談会案内文
> 平成20年3月18日に第3回侵食対策検討委員会を開催し、
> 主として養浜に関しまして討議を行いました。つきましては、
> 委員会のご報告と今後の海岸侵食対策に関するご意見をお伺い
> するべく懇談会を下記のとおり開催いたします。

議事録は、概ね2週間以内にホームページを通して公開する約束ではなかったでしょうか。ホームページへの公開より先に懇談会に報告というのは、おかしいです。

3/18(火)から既に3週間です。
委員会を傍聴した市民、住民の方が作成される議事録の公開の方が早いとは、行政の怠慢に呆れます。

委員が発言した内容を書くだけですから、2週間以上も掛かる訳がありません。遅くなればなるほど何か画策をしているのでは、と疑念を持ちます。
【2008/04/07 21:40】 URL | 読者 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://miyamichi.blog51.fc2.com/tb.php/213-0bb3d7f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。