FC2ブログ
08 << 2018/09 >> 10
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
プロフィール

sio

Author:sio
自分の暮らす街が世界で一番素敵と思える場所になったら、こんな便利なことはないだろうな。海外旅行に行くお金もない貧乏学生時代、よくそんなことを思った。

いま、曲がりなりにも”大人”と呼ばれる年齢になり、これまで見聞きしてきたものを通してこう思う。「社会」とは、ただそこにそびえ立っているのではなく、手を伸ばせば確かに届く位置にあるものではないかと。ちょっと触れたり、手を加えることで、格段と良くなる可能性を秘めたものではないかと。

圧倒的シェアを持つ県紙が一つ・民放は2社。そんな情報過疎とも呼ばれる宮崎で、第二の県紙、を掲げるのは少しおこがましいが、ここ宮崎に暮らす人に少しでも新しい発見をしてもらえるような、「自分が生きていくと決めたここ宮崎も、そんなに悪くないな」と誰かに思ってもらえるような、そんな情報を発信していければと思っている。

宮崎に縦横無尽に広がっている、たくさんの道を、ひとつひとつ、寄り道しながら。

カテゴリー

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



【社説】見直すべきは予算システム 
2007/06/07 Thu 00:00
 県の裏金の存在が明らかになった。
 46件総額2540万円。長靴型の県地図をまるでぬり絵でも塗りつぶすかのように北から延岡、高鍋、串間。西では高千穂、五ヶ瀬、都城。よくもまあ、ここまでまんべんなくと、6月1日付宮日の裏金内訳一覧を見てあきれてしまった。
 ここまでくると行政の予算システムそのものの弊害を感じずにはいられない。なぜここまで多くの機関が裏金作りに励むのか。単年度収支が問題の背景にあるのなら、根本から見直すべきだ。「突発的な事件で捜査本部をつくるのに、早急に物品が必要」と弁明していた警察署があったが、それが正当に必要なものであれば、これまで各所でプールしてきた資金相当の公的な特別予算枠をつくり、公の下での運営も検討すべきではないか。
 それはちょっとというのであれば、やはりやましい使い方だったのではないかと思う。そもそも今回、私的流用はないと公表されているが、では公的なタクシー代とはどんなものなのか。疑問を抱く。私的ではないと言い切るのなら、この際すべてを出し切って、恥ずかしくないシステムをつくってほしい。


************************************
(6月6日付宮崎日日新聞「窓」欄掲載分)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://miyamichi.blog51.fc2.com/tb.php/44-4ad7fe09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。